Crypto.com-ek Google Pay eta Apple Pay laguntza eskaintzen die Kanadako erabiltzaileei

Crypto truke Crypto.com-ek iragarri du Google Pay eta Apple Pay eskuragarri daudela orain Kanadako...

NvirWorld-ek hurrengo belaunaldiko Mainnet proiektuak MOU sinatu du 'Errendimendu handiko' Blockchain Solana-rekin

[PRESS RELEASE – Singapore, Singapore, 5th October 2022] NvirWorld, a blockchain company with platforms such as…

Afrikako 3 Blockchain proiektu nagusiak

Megatech Megatech helps solve Africa’s and the world’s energy problems, by utilizing blockchain technology, MGT provides…

Blokeo katearen transakzio itzulgarriak gakoak dira krimenaren aurka borrokatzeko eta harrera zabalerako

A proposal out of Stanford University to make crypto transactions reversible is adding a wrinkle to…

Citigroup-eko Blockchain eta Aktibo Digitalen zuzendaria Six Digital Exchange-ra utziko du

Kontuan izan gure pribatutasun-politika, erabilera-baldintzak, cookieak eta ez dutela nire pertsonala saltzen...

Bitcoin SV Iraunkortasuna zalantzan jarrita, Blockchainaren tamaina 7 Terabyte baino gehiago

Bitcoin SV (Satoshi's Vision) bloke-kateak 7 TB zeharkatu ditu guztira. Gehitzen ari da…

Coinbasek PayID eta Premium zerbitzuak aurkezten ditu Aussie txikizkako bezeroentzat

Coinbasek bere zerbitzuak Australian zabalduko dituela iragarri zuen kriptografia-ekonomia errazago eta seguruagoa izan dadin, ...

HotBit Welcomes Tongtongcoin ($TTC) – a Perfect Match Made on Blockchain

Place/Date: – October 5th, 2022 at 1:41 pm UTC · 3 min read Contact: Hotbit, Source:…

Yuga Labs-ek BAYC Komunitate Kontseilua sortu du berrikuntzak bultzatzeko

Yuga Labs, Bored Ape Yacht-a sortzeagatik ezaguna den blockchain teknologia-enpresa bat...

Hamilton Lane-k funtsak banatzen ditu inbertitzaileei merkatu pribatuetara sarbidea eskaintzeko

Hamilton Lane-k, merkatu pribatuko inbertsio-enpresa globalak, lankidetza-hitzarmen bat egin zuen aktibo digitalen baloreekin...

Crypto Miner Greenridge 22.8 milioi dolar biltzeko misioan

Greenridge Generation kripto meatzaria 22.8 milioi dolar biltzeko eginkizuna du. AEB bat…

【10/6話題】SWIFTがCBDCクロスボーダー決済成功、Slash Web3 PaymentsがQRコード決済機能など(音声ニュース) | あたらしい経済

ブロックチェーン・仮想通貨(暗号資産)・フィンテックについてのニュース解説を「あたらしい経済」編集部が、平日毎日ポッドキャストでお届けします。Apple Podcast、Spotify、Voicyなどで配信中。ぜひとも各サービスでチェンネルをフォロー(購読登録)して、日々の情報収集にお役立てください。 ポッドキャストで紹介したニュース ・SWIFT、「CBDCクロスボーダー決済」の実験に成功・実店舗で暗号資産決済が簡単に、Slash Web3 Paymentsが「QRコード決済機能」追加 ・EU理事会が暗号資産市場の規制法案「MiCA」可決、24年に法制定 ・米デジタル資産取引所EDXM、カストディアンにパクソス採用・Liquid by FTXが日本円と暗号資産の出金終了へ、FTX JPへサービス移行で ・Coincheck NFT(β版)、ポリゴンのNFTに対応へ…

“Insolvency, Bankruptcy is Nowhere in Nexo’s reality”: Co-Founders

Speculations about crypto lender Nexo heading towards bankruptcy were squashed by the company’s top-ranking members. In…

US’ 2022 Web3 Trademark Filings 3 Times Over 2021’s Total So Far

The number of non-fungible tokens (NFT) and other blockchain-related trademark applications filed in the United States…

AAG Partners with World Leading Blockchain PR & Marketing Firm…

Singapore, SG, 6th October, 2022, Chainwire AAG is thrilled to announce a partnership with the world’s…

ビットコイン基盤の分散型ウェブ「web5」開発のTDB、「USDC」サークルと協業

「web5」開発のTDB、「USDC」サークルと協業 ブロック(Block)の子会社でビットコイン基盤の分散型ウェブ「web5」を開発するTBDが、ステーブルコイン「USDC」を運営・管理するサークル(Cirlce)と連携したことを9月28日発表した。 両社は決済や金融アプリケーションにおけるデジタル通貨の世界規模での主流化を目指し、一連のオープンスタンダードとオープンソース技術で協業していくとのこと。 今回はその第一段階として、国境を越えた送金や、ステーブルコインを保持できるセルフカストディ・ウォレットをサポートする予定だという。 TBDは開発者がブロックの「tbDEX(分散型取引所)プロトコル」とweb5のDID(分散型ID)プラットフォームの上に簡単に構築できるような多くのユースケースを視野に入れて、USDCをサポートしていくとのことだ。 リリースでは具体的なユースケースとして「従来の決済レールを暗号資産(仮想通貨)に接続し、世界中の消費者や企業が暗号経済から利益を得ることをより簡単かつ身近にする、ユビキタスなグローバルオン&オフランプ」、「米国からメキシコへの送金をはじめとする、より迅速で低コストのグローバルな送金」、「ステーブルコイン(米ドル建てステーブルコイン)を保持できるセルフカストディ・ウォレット」などが説明されている。 ブロックは今年5月に、子会社TBDがビットコイン基盤の新しい分散型ウェブ「web5」を構築する計画を発表した。「web5」の構成要素として「分散型識別子(Decentralized Identifires)」、「分散型ウェブノード(Decentralized Web Node)」、「自己主権型アイデンティティサービス(Self-Sovereign Identity Service)」、「自己主権型アイデンティティ開発ツール(Self-Sovereign Identity SDK)」が挙げられている。 参考:TBDimages:iStocks/your_photo Source:…

コイントレード、ポルカドット(DOT)とカルダノ(ADA)のステーキング提供へ

コイントレードがDOTとADAのステーキング提供へ 国内暗号資産(仮想通貨)取引所コイントレード(CoinTrade)が、同社提供のステーキングサービス「コイントレードステーク(CoinTradeStake)」で、暗号資産ポルカドット(DOT)とカルダノ(ADA:エイダ)を取り扱い開始したことを10月6日発表した。 発表によるとDOTとADAをステーキングした際に想定されるAPR(年換算利回り)は、DOTが5~20DOTを30日間ロックした場合5%、60日間は6.5%、90日間では8%となる。また20DOT以上ロックした場合については、30日間では7.7%、60日間は9.5%、90日間では11%になるとのこと。 またADAのAPRでは、100~499ADAを30日間ロックした場合2%、60日間は2.5%、90日間では3%となるとのこと。500ADA以上ロックした場合は、30日間で2.8%、60日間は3.3%、90日間では4%になるとのことだ。 なお年率はネットワークの状況に応じて上下する場合がある。 ステーキングとは、「バリデーター」と呼ばれるユーザーが、対象となる暗号資産を一定量保有(ロック)することで取引記録のブロック生成プロセスに参加し、報酬を得る行為のことだ。コンセンサスアルゴリズムの「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」を採用するブロックチェーンで実行が可能となっている。 なおコンセンサスアルゴリズムとは、暗号資産のブロックを追加する際の合意形成のアルゴリズムである。 暗号資産取引所が提供するステーキングサービスは、ユーザーからトークンをプールに集め、ネットワークにまとめて預け入れる形式をとる。そのためユーザーはステーキング参加に本来必要な暗号資産保有量を持たなくとも、少額でステーキング報酬が得られる。 現在取引所サービスのコイントレードでは、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、カルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)、ポルカドット(DOT)の全9銘柄の暗号資産が取り扱われている。 関連ニュース コイントレード、PLTとIOSTのステーキング提供開始 【初心者向け解説】ポルカドット(DOT)とは何か?(ステイクテクノロジーズ 渡辺創太氏) ポルカドット(DOT)、分散性強化する新ガバナンスシステム発表 カルダノ(ADA)活用の「HIV/AIDS治療成果研究」がケニアで開始、Immunify. Lifeと地元大学が…

Mythical Games Unveils Mythos Foundation DAO, Mythos Token to Democratize Web3 Gaming

On Wednesday, Mythical Games, a Los Angeles-based video game development company developing games for playable non-fungible…

人気NFT「クールキャッツ」、アニモカと提携しゲーム提供へ

クールキャッツとアニモカが提携 人気NFTコレクション「クールキャッツ(Cool Cats)」提供のクールキャッツグループ(Cool Cats Group)が、アニモカブランズ(Animoca Brands)と戦略的パートナーシップを締結したことを10月5日発表した。アニモカはクールキャッツグループへ出資を行い、「クールキャッツ」に関するゲームリリースを目指すという。 「クールキャッツ」は、2013年にアーティストのコリン・イーガン(Colin Egan)氏によってデザインされたキャラクターである「Blue Cat」に由来したデザインのNFT。9,999体がリリースされている。 アニモカブランズはブロックチェーンゲーム開発やNFT分野への投資を行う企業。先月にはテマセク(Temasek)、ボーユキャピタル(Boyu Capital)、GGVキャピタル(GGV Capital)が主導する資金調達ラウンドで1.1億ドル(約158.4億円)を調達した。 またクールキャッツグループは9月1日にアニモカブランズの子会社であるゲーミー(GAMEE)との提携し、数字タイルゲーム「クールキャッツコンビネーションズ(Cool Cats Combinations)」を発表している。 アニモカブランズCEOのヤッ・シウ(Yat…

MENA Region Emerges as The Fastest Growing Crypto Market: Chainalysis Report

US blockchain analysis firm Chainalysis released its latest report Wednesday, indicating that the region of the Middle East &…

実店舗で暗号資産決済が簡単に、Slash Web3 Paymentsが「QRコード決済機能」追加 | あたらしい経済

SlashがQRコード決済機能リリース SLASH FINTECH LIMITEDが、暗号資産(仮想通貨)決済システム「Slash Web3 Payments」の「QRコード決済機能」リリースを10月5日発表した。 この機能によりサービス提供者は、PayPayを利用するような形で実店舗に暗号資産決済を導入することが可能になる。 「Slash(スラッシュ)」では、ユーザーのウェブサイトやDApps(分散型アプリケーション)に暗号資産による決済処理を導入するためのシステムやAPIを提供している。今年8月にメインネットローンチした。 「Slash」が提供する暗号資産決済は、支払先が希望する暗号資産(トークン)を持たなくとも、顧客自らが保有する暗号資産を決済画面において自動的に最適なレートでスワップし、支払いができるようになっている。 支払いに利用できる暗号資産は1400以上の銘柄が対応しており、また売上を受け取る側はUSDT・USDC・DAI・JPYC、wETHといったステーブルコインが選択できるようになっている。 …

Binance Labs-ek MVB Accelerator Programako 7 startup-etan inbertitzeko

Binance Labs-ek, Binance Exchange-ren inkubazio eta Arrisku Kapitalaren atalak, inbertituko duela iragarri du...

SWIFT、「CBDCクロスボーダー決済」の実験に成功

SWIFT、CBDCクロスボーダー決済実験で相互運用性を確認 国際銀行間ネットワークシステムを提供するSWIFT(スウィフト)が、既存の金融インフラ上でCBDC(中央銀行デジタル通貨)およびトークン化された資産のシームレスな転送に成功したことを10月5日に発表した。 SWIFTはトークンの転送に関する複数のプロジェクトに参加しており、そのうち「異なるブロックチェーン間におけるCBDCのクロスボーダー取引」と、「複数のプラットフォームで発行されたトークン化資産の現金決済」の2つの実験に成功したとのことだ。 「異なるチェーン間におけるCBDCのクロスボーダー取引」 このプロジェクトはフランスのコンサル企業キャップジェミニ(Capgemini)と共同で今年5月から実施されていたものであり、米コンセンシス(ConsenSys)のクォーラム(Quorum)と米R3のコルダ(Corda)をベースとした異なるDLTネットワーク間におけるCBDCの転送を検証した。さらにこれらのネットワークと即時グロス決済システムを接続することにより、CBDCの転送と同時に現金決済を行うことに成功したとのことだ。 このプロジェクトにより、SWIFTが異なるブロックチェーン間のクロスボーダー決済におけるゲートウェイの役割を果たし得ることが示されたとのこと。 なおクォーラムとコルダは、エンタープライズ向けのブロックチェーン基盤だ。 「複数のプラットフォームで発行されたトークン化資産の現金決済」 このプロジェクトはシティ(citi)、クリアストリーム(Clearstream)、ノーザントラスト(Nothern Trust)、SETLによって共同で行われたものであり、SWIFTのインフラを介して複数のトークン化プラットフォーム上でトークン化資産の発行、転送などに成功したとのこと。このプロジェクトにより、SWIFTがトークン化プラットフォーム間に相互運用性を提供できることが示されたとのことだ。 これらのプロジェクトの結果についてSWIFTのチーフ・イノベーション・オフィサーであるトム・シュシャック(Tom Zschach)氏は以下のようにコメントしている。 「デジタル通貨とトークンは、将来の支払い方法と投資方法を形作る大きな可能性を秘めています。私たちは包括性と相互運用性を金融エコシステムの中心的な柱と考えており、私たちのイノベーションがデジタルの未来の可能性を引き出すための大きな一歩となると考えています。私たちのソリューションを利用することで、中央銀行は単一のゲートウェイを通じて世界中の他のすべての決済システムに簡単かつ直接接続することができ、クロスボーダー決済の即時かつ円滑な流れを確保することができるようになります」 なおSWIFTは9月28日に分散型オラクルネットワークを提供するチェーンリンク(Chainlink)と提携し、クロスチェーンプロトコルの概念実証を行っていることを9月28日に発表している。 関連ニュース SWIFTとチェーンリンク(LINK)、ブロックチェーン間取引に向けた概念実証実施…

米コインベース、豪州ユーザー向けにサービス拡大

コインベースがオーストラリアユーザー向けにサービス拡大 米ナスダック上場の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、豪州を優先的な市場とし、同国ユーザー向けにサービス拡大することを10月4日に発表した。 まずコインベースは、豪州ユーザーによる暗号資産の売買および取引をより簡単にする為、豪州のローカル決済プラットフォーム「PayID」を導入するとのこと。これによりオーストラリアドル(AUD)をコインベースアカウントに直接送金できるようになるとのことだ。 「PayID」は、豪州の金融サービス部門と同国の中央銀行である豪州準備銀行(RBA)が構築した高速決済インフラストラクチャNPP(New Payments Platform)のイニシアチブ。NPP Australiaが運用・保守を行っている。「PayID」の利用により、ユーザーは電話番号やメールアドレスを銀行口座にリンクし決済ができる。 また豪州ユーザーには、高度な取引ツールにアクセスできる機能「リテールアドバンストレーディング (Retail Advanced Trading)」やセキュリティ機能、24時間年中無休のチャットサポートも提供されるとのこと。 なおコインベースは、豪州法人コインベースオーストラリア(Coinbase Australia Pty Ltd)を既に設立しており、暗号資産交換サービスを提供するうえで必要とされる、オーストラリア取引報告分析センター(AUSTRAC)への登録が完了しているとのこと。 関連ニュース…

Next generation mainnet project NvirWorld signs MOU with “high-performance” blockchain Solana

Singapore, singapore, 5th October, 2022, Chainwire NvirWorld, a blockchain company with platforms such as NFT marketplace…

Blockchain Game Splinterlandsek Gamefi plataformak Chaos Legion Series txartelen 10 milioi pakete saldu ditu - Blockchain Bitcoin News

Asteazkenean, Splinterlands blockchain jokoaren atzean dagoen taldeak mugarri berri batera iritsi zela iragarri zuen...

米デジタル資産取引所EDXM、カストディアンにパクソス採用

米デジタル資産取引所EDXM、パクソスと提携しカストディ強化 米国の新興デジタル資産取引所EDXMが、カストディアンとしてブロックチェーンインフラ開発企業パクソス(Paxos)を採用したことを10月5日に発表した。 EDXMはチャールズ・シュワブ(Charles Schwab)、シタデル・セキュリティーズ(Citadel Securities)、フィデリティ・デジタルアセット(Fidelity Digital Assets)などの証券会社や資産運用会社によって今年9月に設立されたデジタル資産取引所である。EDXMはこれらの会社の知見を活かし、高いコンプライアンスと安全性を強みとして、米国の投資家に高速な暗号資産取引を提供することを目指している。 EDXMはパクソスと提携することにより、顧客の取引資産の機関規模での保管やパクソスユーザーに対するEDXMへのアクセス提供などが行えるようになるとのこと。また、パクソスのブロックチェーン技術を活用することでより低コストで高速な取引を実現できるとのことだ。 EDXMのCEOであるジャミル・ナザラリ(Jamil Nazarali)氏は以下のようにコメントしている。「コンプライアンスとセキュリティがEDXMのサービスの重要な差別化要因であることから、パクソスと提携し、デジタル資産の保管サービスにおけるゴールドスタンダードを当社の投資家に提供できることを嬉しく思います」 パクソスの戦略責任者であるウォルター・ヘザート(Walter Hessert)氏は以下のようにコメントしている。 「パクソスは、いつでも安全に資産を移動できるソリューションを構築することで、金融市場の再定義を試みています。私たちはEDXMとともに、銀行やその他の金融機関が、最も安全な方法で暗号資産市場にアクセスするための道を作り出していきます」 パクソスは米国を拠点とするブロックチェーンのインフラ開発企業である。同社の製品はブロックチェーンを利用した金融システムの基盤となっており、ペイパル(PayPal)、バンクオブアメリカ(Bank of America)、クレディスイス(Credit…

EU理事会が暗号資産市場の規制法案「MiCA」可決、24年に法制定

EU理事会がMiCA可決 欧州理事会にて暗号資産市場規制法案(MiCA)が、10月5日に可決されたことをThe Blockが報じた。 MiCAは、EU(欧州連合)の暗号資産サービスプロバイダーに向けて包括的な暗号資産市場規制を示す法案である。2020年9月に原案が提出され、その後いくつかの要件を追加し、2022年6月に欧州理事会にて暫定合意に達した。現在立法化が進められており、10月10日の欧州議会での承認を経て、早ければ2024年初頭に法律として制定される。 暫定合意時点でのMiCAの主な内容は以下のとおりである。 暗号資産による環境への影響を明確化することステーブルコインの発行者は発行量と同等の準備金を、一部を預金の形で確保することステーブルコインの発行者はステーブルコインの保有者がいつでも裏付資産と交換できるようにすることウォレットプロバイダーは顧客の身元を確認すること暗号資産サービスプロバイダーは各国当局から認可を得ること MiCAには外貨建てステーブルコインの取引上限量についての規制も含まれている。この内容は今年9月に一時削除されたものの、その1週間後にステーブルコインが通貨主権を脅かすことを懸念したフランスらによって「ユーロ以外の外貨建てステーブルコインの取引量を1日2億ユーロに制限する」という内容が法案に盛り込まれることとなったとのこと。 この法案が欧州議会で承認された場合、来年初頭にEUのジャーナルにその内容が掲載される予定となっている。 関連ニュース 米国規制委員会トップ、暗号資産やステーブルコイン規制強化の方針 EU議会、暗号資産規制草案からビットコインなどPoW型の禁止を削除 英財務省、ステーブルコイン関連法案を議会提出へ 米商品先物取引委員会(CFTC)の暗号資産監督権を拡大する法案提出 米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売 参考:The Blockimages:iStocks/Rawpixel…

SWIFT Releasea Blueprint Global CBDC Operation for

Munduko Banku Zentral gehienak gaur egun garatzen edo ikertzen ari direnez...

ファッションブランド「Hugo Boss」がNFTコレクション販売へ、「Imaginary Ones」と提携で

HugoがNFTコレクション発売を発表 ドイツのファッションブランドである「Hugo Boss(ヒューゴ・ボス)」の若者向けカジュアルライン「Hugo(ヒューゴ)」が、NFTコレクション「Embrace Your Emotions(EYE)」の販売予定を10月5日発表した。 「ヒューゴ」はこのNFTコレクションをイマジナリーワンズ(Imaginary Ones)との提携により、11月初旬に販売を行う予定だ。なおイマジナリーワンズでは、イーサリアムネットワーク上でミント(発行/鋳造)した3DアニメーションアートのNFTを8,888体展開している。 発表によると「EYE」は、1,001体の3Dアニメーションからなる限定NFTコレクション。EYEの1,001体のうち6種類が、日常の5つの感情(喜び、悲しみ、恐れ、怒り、愛)とその全ての感情を表現するデザインになっているという。この6種類全ての感情を表したNFT1体についてはオークションに出品する予定であるという。 なおこのコレクションは10月10日の世界メンタルヘルスデーを記念したもので、オークションの収益は、若者のメンタルヘルス向上と自殺予防を目的とした教育プログラム「ユースアウェアオブメンタルヘルス(YAM:Youth Aware of Mental Health)」に全て寄付されるとのことだ。 そしてオークション販売される1体を除いた1,000体のNFTのうち500体は、フィジカル(現物)のTシャツの購入者に対しQRコードを送ることで配布し、残りの500個についてはイマジナリーワンズの保有者に配られたり、10月4日よりツイッターやディスコードなどで行われるイマジナリーワンズ主催の企画に使用されたりするとのことだ。 「ヒューゴ」は「このコレクションは、ヒューゴの経験とイマジナリーワンズの創造性とポジティブさを融合させる数多くのプロジェクトの第一弾に過ぎません。ヒューゴとイマジナリーワンズの両社は、今後もパートナーシップを強化し、メタバースでの限定体験など、コレクションホルダーに付加価値を与える方法を探っていく予定です」と語っている。 NFTとは…